オーストラリアのビザは入国時に必要!事前に取得しておかなければいけない!
オーストラリア

外国に観光へ行く場合には、国によって必ずビザが必要になる場合があります。オーストラリアの場合にはどうなのかというと、やはりビザがないと入国することができない場合もあるので、事前に申請をしておかないといけません。申請の方法自体はそれほど難しくありませんが、料金も必要になるので事前に情報収集をしておきましょう。不明な点は必ず確認しておくことも重要です。

オーストラリアは観光でもビザが必要?

ビザ
ビザ

オーストラリアは人気の観光地ですが、入国するにはビザが必要になります。ビザなしで訪れてしまうと、何日も滞在しなければいけなくなる場合や、入国できなくなることもあるので、必ず事前に取得しておくことが大切です。ビザと一言で言ってもいろいろとあるのですが、オーストラリアの場合には、イータスと呼ばれている電子タイプのビザを取得しなければいけません。

観光目的のビザ「イータス」とは?

観光目的で訪れる場合のビザがこのイータスになるので、別の目的で訪れるときには、また他のビザを取得することになります。ただしいろいろな決まりも存在しているのですが、イータスの場合には3ヵ月以内の短期滞在であることが条件です。3ヵ月以内の短期滞在であれば、観光目的ではなくビジネスでオーストラリアを訪れたときにも有効になります。観光であれば3ヵ月以上滞在することは滅多にありませんが、もっと長くなる場合には、また別のビザが必要になります。

オーストラリア観光のためのビザ取得方法

ビザ習得方法

オーストラリアの公用語は英語なので、英語がわからないとビザの取得ができないのかと思う人もいるでしょう。しかし日本語の案内も行われているので、日本語しかわからない人でも取得することは可能です。オーストラリアの観光ビザを取得する方法は1つだけではありません。複数存在しているのですが、最近はインターネットで簡単にビザの取得を行うことができるのです。

問題なのは場所ですが、わざわざこちらから特定の場所に出向かなくても、申請する方法は存在しています。大きく分けるとオーストラリア政府移民局のホームページ、航空会社を利用した際には航空会社で行ってくれることもありますし、旅行代理店を利用すれば、旅行代理店で申請を行ってくれることも多いでしょう。

ホームページで取得を行う

まずはオーストラリア政府移民局のホームページで申請を行う方法ですが、ホームページから手続きを行うことができるので、自宅からでも行うことができます。スマートフォンからでも可能ですし、タブレットからでも可能なので、外出先であっても申請は可能です。

サイト内には言語選択ボタンが存在しています。日本語表記にしたい場合には、日本語を選択しましょう。そうすると日本語の案内が出てくるので、英語が全くできない人でも簡単に手続きをすることができます。基本的には画面に従って進めていくだけでよいので、案内をよく読めば迷う人も少ないでしょう。もしわからない点などがあれば、問い合わせ先が記載されているので、遠慮なく問い合わせをするべきです。

取得の方法はさまざま

旅行代理店や航空会社を利用する場合には、基本的に業者が全て行ってくれるので、こちらは担当者に任せてしまえば問題ありません。この3点がよく行われているオーストラリアの観光ビザを取得する方法ですが、他にも申請を代行する業者に依頼する方法もあります。申請を代行する業者に依頼をすれば、当然代行料などの料金を取られてしまうので、承知の上で依頼しないといけません。

最初に紹介した3つの方法であれば、代行料などを取られることはありませんし、申請料を取られることもありませんが、オーストラリア政府移民局を利用する場合に限り、システムの利用料が20オーストラリアドル必要になります。通貨が違うので、日本円の場合には時期によって多少料金が異なるので注意しましょう。申請が許可されれば、安心してオーストラリア旅行を楽しめます。ただし、申請すればすぐ許可されるわけではないので、ある程度期間が必要になることを忘れてはいけません。

ビザ取得時の注意点とは?

ビザ習得注意点

オーストラリアの観光ビザを取得する際には、いくつか注意しなければいけない点もあります。オーストラリア政府移民局のサイトから申請をする場合、自分で行うようになります。自分で申請を行うと、入力ミスなどが発生する可能性もあるでしょう。入力ミスなどがあると、不許可になってしまうのが一般的です。1度不許可になってしまうと、再度申請するときに時間がかかってしまう場合や、許可が下りなくなることもあります。まずは個人で申請する場合の注意点を見ていきましょう。 中でも特に重要なのは、在留資格が認められる基準を満たしていることです。在留資格が認められる基準を満たしているということを証明するためには、書類で示すしかありません。在留資格の基準というのは国によって異なっているので、他の国では認められたとしても、オーストラリアでは認められない可能性もあります。どうしても不安だという場合には自分で行うのではなく、代行業者に依頼をするか、利用した旅行代理店や航空会社に依頼をするのがよいでしょう。

書類は正確に記入する

書類は正確に記入

次に注意することは書類の不備です。書く欄を誤ってしまった、字を間違えてしまったというぐらいであれば少し時間がかかっても申請が通る可能性もあるのですが、虚偽の記載をした場合には、まず許可が下りることはありません。たとえば軽犯罪を犯しているのに、大した犯罪ではないから書かなかったなどです。虚偽の申請をしてしまうと、再度申請しても通らない可能性が高くなるので、絶対にやめましょう。必ず事実を記載しないといけません。

申請するために記載した書類などは、できればコピーをして控えを取っておくべきでしょう。インターネットで申請を行った場合にもコピーをすることはできるので、面倒でも控えを残しておくべきです。なぜなら万が一申請が不備になった場合、再び申請する必要が出てくることもあります。この場合にどこが悪かったのかなどを確認するために便利だからです。

旅行代理店や航空会社の場合には、ビザ申請が通らないと顧客がオーストラリアに行くことができなくなるので、できる限りビザが通るように申請を行ってくれます。しかし、代理申請してくれる業者の場合には、どこに依頼をするのかをきちんと決めるために、事前に情報収集をして信頼できるところに任せるべきです。そうしないと料金だけ取られて、ビザ申請が通らないこともないとは言えません。中にはブローカー運営している業者もあるので、このような業者に引っかからないように注意することが絶対に必要です。

当日に間に合わないとアウト

そして多くの人が困ることは、ビザの申請が旅行に行く当日に間に合わないというトラブルです。これは自分自身で注意するべきことなのですが、ビザの申請というのは日数がある程度かかります。人によっても通るまでの時間が異なるので、十分余裕をもって申請しなければいけません。国内旅行であれば当日に計画を立てても問題ありませんが、ビザの申請はそうはいかないでしょう。日本にはビザコンサルタントという人がいるので、オーストラリアの観光ビザの申請が下りるまでにはどれぐらいの期間見ておくべきなのかを質問してみることをおすすめします。

観光ビザ以外のビザとは?

観光目的以外のビザ

ビザというのは1種類だけしか存在していないわけではありません。今回紹介しているオーストラリアの観光ビザ以外にも、いろいろなビザが存在しているのです。観光ビザというのは、あくまで観光目的の短期間滞在に限られている種類になるので、別の目的でオーストラリアに滞在するのであれば、当然別の種類のビザを取得する必要があるのです。では、他にどのようなビザが存在しているのでしょうか。

実は観光ビザにも複数の種類が存在しているのです。一般的な種類はイータスという電子ビザになるのですが、電子ビザ以外の観光ビザも存在しています。基本的には一緒なので、観光であれば通常はイータスを取得することが多いでしょう。他には医療ビザや乗継ビザなどもあります。医療ビザはオーストラリアで医療行為全般及び臓器提供、もしくはこれらの付添人が取得するようになります。

乗継ビザ、学生ビザとは?

乗継ビザはオーストラリアで飛行機の乗り換えを行うときに申請するようになります。ただし、短時間の乗り換えなら特に申請する必要はありませんが、8時間以上かかる場合には申請が必要になるので注意しましょう。時間ぎりぎりになりそうな場合には、念のために申請しておくべきです。さらに有名なところでは、学生ビザや就労ビザなどがあります。これらのビザは比較的よく聞くので、知っている人も多いでしょう。

学生ビザはオーストラリアに留学するために必要になるビザです。どのような勉強をするのか、何歳なのか、どれぐらいの期間留学するのかによっても種類が異なります。就労ビザはオーストラリアで働くために必要になるビザです。やはり働く期間によって取得する種類が異なるので、自分がどの条件に当てはまるのかを確認しておく必要があるでしょう。一般的なオーストラリアのビザはこれぐらいですが、他にもいくつか種類が存在しているので、事前にインターネットなどで確認しておくのもおすすめです。

まとめ

ビザ取得まとめ

オーストラリアに入国する際には、どのような要件であっても基本的にはビザが必要であることを覚えておきましょう。目的別によって取得しなければいけないビザも異なっていますし、申請をすればすぐ通るわけでもありません。申請をして万が一却下された場合には、再度申請することも可能ですが、記入に虚偽があると申請が通りにくくなります。自分指針でも申請をすることは可能ですが、方法によっては別料金が必要になるケースもあります。このような点もきちんと情報収集をして、理解しておくことでトラブルを避けられるようになるでしょう。

About Author

Tanaka Taku
Taiken

Comments

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください