オーストラリアの春を体感しよう!グラフトンとジャカランダ並木探訪
花
春の訪れを知らせるジャカランダ。世界三大花木の1つとしても知られ、鮮やかな紫の花で人々を魅了します。そんなジャカランダで有名なのがグラフトンです。華やぐグラフトンを訪ね、見事なまでに咲き誇るジャカランダを鑑賞し、春の喜びを堪能できるツアーをご紹介します。

グラフトンのジャカランダ並木とは?

日本が秋になる頃、オーストラリアでは春が訪れます。日本の春と言えば「桜」ですが、オーストラリアでは「ジャカランダ」が春の花として有名です。ジャカランダとは世界三大花木のひとつとして知られ、オーストラリア各地で花を咲かせます。薄い紫色の花が木に咲き誇り、散った花が街路をパープルに染めるのです。日本の桜のように早く散ってしまわないので、長い期間楽しめます。また日本でも、長崎県や宮崎県などの暖かい地域では、ジャカランダが植樹されているんです。5〜6月にかけて開花し、日本では「紫雲木」と呼ばれています。そしてジャカランダが有名な街と言えばグラフトンです。ニューサウスウェルズ州北東部の町として知られ、町中にジャカランダの街路樹があります。その数は6000本以上とも言われ街を象徴する木ですまたグラフトンでは毎年、「ジャカランダ・フェスティバル」が行われています。80年以上の歴史があるお祭りで、パレードやジャカランダ・ジュニアクイーンを決めるコンテストなど大盛り上がり。日本のお花見が好きな人は、ジャカランダ並木も楽しめるはずですよ。

グラフトンとジャカランダ並木を楽しむ1日体験プラン

それではゴールドコースト市内からグラフトンのジャカランダ並木を楽しむプランをご紹介します。

[07:30] 各ホテル集合、出発

指定のホテルからピックアップをしてもらえます。ホテルによっては時間が前後するので、確認をしておいてください。

[08:40 – 08:55] The Farmに到着(滞在約20分間/サーファーズから87キロ)

バイロンベイの郊外に位置する、話題の農場レストラン&カフェ「The Farm」。広大な敷地とクリエイティビティに溢れる人気の施設に立ち寄ります。コーヒースタンド、ベーカリー、オーガニックプロダクトを扱うショッピングストアなどでちょっと休憩。牧場はそこまで大きくないので、お散歩にも最適です。馬やニワトリ、ブタなどを見学できます。おすすめは「The Bread Social」で、地元のパン職人と共同で運営しているベーカリーになります。地元の食材を使用した美味しいパンは観光客のみならず、地元の人にも人気です。また牧場で育てられた食材を使用したレストランもあり、1日を通して楽しめます。ツアーでは時間が無いので、コーヒーを片手にお土産や特産物をみて回るのがいいでしょう。

[09:50 – 10:05] ニューイタリーに到着(滞在約15分間)

ニューイタリーとはイタリアからの移民が開拓した街として知られています。1880年始めにイタリアを出発した50家族330人が開拓移民として、シドニーに到着。1年後の1881年4月にグラフトンから北へ約90キロに位置する町・ウッドバーンに移住することを決めたのです。後のこの土地は「NEW ITALY」と呼ばれるようになり、イタリア移民の街として発展をしました。ニューイタリーの歴史や痕跡を垣間みる事の出来る「NEW ITALYミュージアム」を見学してみましょう。また「NEW ITALYミュージアム」にはカフェも併設されています。美味しいコーヒーやケーキを楽しむことができるので、移動で疲れた人はゆっくりと過ごすのもいいでしょう。

[11:10] ジャカランダの街・花の都グラフトンに到着

グラフトンの街に入るといたるところでジャカランダの花を楽しめます。そして大目玉は「ジャカランダ祭り」です。1934年にスタートした、ジャカランダ祭りはオーストラリア中から観光客が訪れる巨大なフェスティバル。2019年で85回目を数え、この時期はグラフトンの街のいたるところが紫色に染まります。まずはグラフトンの街の中心地、そしてジャカランダの並木道を車窓観光。咲き誇るジャカランダ並木は「南半球の桜」と呼ばれるだけの迫力があります。まさにインスタ映えスポットなので、カメラの準備もお忘れなく。またオーストラリアでは、「お花見」のような文化はなく、花を楽しむというよりはイベントやマーケットを楽しむ目的で来ている人が多いです。色んなマーケットを見て回るのも楽しいでしょう。

[11:20] レストラン到着

グラフトンの街を流れるクレアランス川、そのリバーフロントにある眺めの良いレストランにてランチ。 ランチは以下の3種類からの選べます。<大人メニュー(予定)>1、ビーフ&チーズバーガー、チップス 2、フィシュ&チップス、サラダ 3、チキンパルメジャーナ&チップス、サラダ<子供メニュー(予定)> フィッシュ&チップス、ソフトドリンクオーストラリアらしい食事が楽しめます。フィッシュ&チップスはオーストラリアでもメジャーな食べ物なので、思う存分味わってみてください。

[12:20] 昼食後、レストラン前メモリアルパークを散策(約15分間)

メモリアルパークにもジャカランダの街路樹があるので、ゆっくりと休憩しながら散策をすることができます。また日によっては出店などもあるので、コーヒーを片手に散歩するのもいいでしょう。[12:35] グラフトンの市内に移動 街の中心地、時計台のビル周辺にて自由時間(約50分間)。ジャカランダフェスティバルの期間中(2019年度の催行期間は未定)には公園内にてマーケットを楽しむことができます。様々な催し物や出店など歩いているだけでもワクワクしてしまいますね。※日によっては散策の時間帯に出店等を見て回れない可能性もございます。

[13:25 – 14:15] 美しいジャカランダの町一番の並木道、TURF STREETにて自由時間(約50分間)

芝生の上にピクニックマット(貸し出し)を敷いて、思い思いの時間を過ごしていただきます。お茶もしくはウーロン茶、クッキーをご提供させていただきます。ゆっくりお昼寝をするのもよし、お茶を飲みながら語らうのもよしです。

[14:25] グラフトンの町を出発

ご希望があれば、市内ショッピングセンターにてトイレに立ち寄ります。

[14:50 – 15:00] クラレンスバレー・インフォメーションセンターにて休憩 (約10分)

その後、お客様とご相談させていただきながら途中休憩を入れながらゴールドコーストまで戻ります。

[17:40] ゴールドコースト市内に到着

ゴールドコースト市内の到着後、各自のホテルまで送迎いたします。

グラフトンとジャカランダ並木探訪に必要な持ち物

オーストラリアは春に差し掛かる時期ですが、日によっては冷え込む場合があります。カーディガンなどの上着を持参しておくと安心です。また街を散策することもあるので、歩きやすいスニーカーや運動靴を履いて参加されることをおすすめします。

気になるツアーの相場は?

大人160〜180AUD(約12000〜13500円)子供110AUD前後(約8300円)

ゴールドコーストで送迎してもらえる場所とお迎え時間

1. Alpha Sovereign Hotel Gold Coast (07:10) 2. Crowne Plaza Surfers Paradise (07:25) 3. Hilton Surfers Paradise Hotel & Residences (07:17) 4. Hyatt Homes (06:35) 5. Mantra Legends Hotel (07:20) 6. Mantra on View Hotel (07:15) 7. Mantra Sun City (07:12) 8. Novotel Surfers Paradise (07:18) 9. Palazzo Versace Gold Coast (06:58) 10. Paradise Resort Gold Coast (07:09) 11. Q1 Gold Coast – Resort And Spa (07:21) 12. QT Gold Coast (07:13) 13. RACV Royal Pines Resort Gold Coast (06:55) 14. Sea World Resort (07:01) 15. Sheraton Grand Mirage Resort, Gold Coast (07:14) 16. Sofitel Gold Coast Broadbeach (07:28) 17. Surfers Paradise Marriott Resort & Spa (07:11) 18. The Star Gold Coast (07:30) 19. Vibe Hotel Gold Coast (07:07) 20. voco Gold Coast (07:22)ゴールドコースト市内及び指定ホテルへの送迎は無料です。

【ツアーの前後に!】ゴールドコーストのおすすめスポット

グラフトンへのツアーも魅力的ですが、ツアーの発着であるゴールドコーストも世界屈指の観光地として有名です。そこでゴールドコーストでおすすめのスポットをいくつか紹介します。

サーファーズパラダイス

サーファーズパラダイスは、世界中からサーファーが集まるビーチリゾートです。サーフィンはもちろんのこと、ジェットスキーやパラセーリングなど、マリンスポーツも楽しめます。

スカイポイント展望台

サーファーズパラダイスの目の前にある高さ332.5mの「Q1ビル」。そのビルの77〜88階にスカイポイント展望台があります。サーファーズパラダイスとゴールドコーストを一望できる絶景スポットとして観光客から大人気です。

スプリングブルック国立公園

世界自然遺産でもありゴンドワナ多雨林群の構成資産でもあるスプリングブルック国立公園。ユーカリやブナ林など大自然を体で体感できます。乾燥地帯と多雨林地帯が共存している珍しい森で「スプリングブルックの奇跡」とも言われています。

モートン島

「世界で3番目に大きな砂の島」と呼ばれるモートン島。スカイブルーの海と手つかずの自然が残るリゾートとして有名です。野生のイルカに餌付けしたり、高さ280mの砂丘をボートで下ったりとアクティビティも楽しめます。

ジャカランダの美しさを体験しよう

日本でも人気のお花見ですが、オーストラリアのジャカランダも負けていません。美しい薄い紫色の花を楽しめるのは、1年でも春の時期だけです。ゴールドコーストや近辺に旅行の計画をしている人はグラフトンのジャカランダ並木も検討してみてくださいね。

About Author

Tanaka Taku
Taiken

Comments

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください