サントニーニョ教会 / Sto Nino Church☆セブ観光の定番シリーズ
サント・ニーニョ教会

サント・ニーニョ教会 / Sto Nino Church

セブ島シティ内のナンバー1.観光スポットがサントニーニョ教会。 サントニーニョ教会は観光客だけではなく、現地の信者も多く訪れる、 セブ島に建てられたフィリピン最古のキリスト教の教会です。 この教会はフィリピンのキリスト教発祥の地で、フィリピンカソリックの「聖地」となっており、 特に日曜日のミサには、フィリピン全土から多くの人が集まります。 教会の祭壇にはフィリピンのカソリックの守護聖人「サントニーニョ像」が安置されています。 祭壇は神聖な場所の為、着衣に制限があり、ショートパンツや肩が露出するシャツでは 入場できないので、注意が必要です。

サント・ニーニョ教会への行き方

マゼランクロスへはいくつか行き方があります。 空港からはタクシーでおよそ50分、250ペソ前後で行けます。 セブシティにいるなら、フィリピンならではの、ジープニーと呼ばれる集合タクシーに乗って行くのも いいかもしれません。 その場合は、シティホールに向かうジープニーに乗りましょう。 効率良く観光地をまわりたいなら、パッケージツアーを申し込むのもお勧めですよ!!

Google map

エントランス

サント・ニーニョ教会のエントランス
サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会

サント・ニーニョ教会はマゼランクロスのすぐ近くにあり、観光客も地元の人も多く訪れますが、

教会の周りはあまり綺麗な街並みとは言えません。

サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会

赤いキャンドル

教会に向かう道にある、すごい数のキャンドル。

ここは多くのキリスト教徒がこのキャンドルを灯し、祈りを捧げる特別な場所でもあります。

サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会

ここで信者や観光客は祈りを捧げます

サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会

小さな赤いキャンドルは、キャンドルホルダーの前にある箱に入れられています。

キャンドルには値段がなく、募金箱に教会に寄付したい額を入れて、キャンドルをとります。

日本でも同じですが、たまにお金をいれない人もちらほら。

サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会

特にセブアノ人々は信仰深い事で知られています。

サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会

黄色いスカートをはいた女性たちはシヌログのダンサーたち

手に持っているのは、カラフルなキャンドル!

バシリカ巡礼者センター/Basilica Pilgrim’s Center

サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会
バシリカ巡礼者センターはマゼランクロスのすぐそば、フィレンツェ最古のローマカトリック教会である San Pedro砦から歩いてすぐの場所にあります。 センター内のサントニーニョ博物館には、セブの豊かなキリスト教の歴史に関する展示物が多く展示されています。

教会の中

サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会

こちらが大聖堂。

この日は平日だったので、人は多くありませんが、毎週金曜日と日曜日に行われるミサでは、

多くの人がここでお祈りをします。

セブシティにいるとは思えないぐらい外とは違い、とても静かで厳かな雰囲気です。

サントニーニョ像

このフィリピンで最も神聖な教会には、幼少時代のキリストの人形が安置されています。

サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会

セブの最も神聖な教会には、マゼラン時代のキリストの子ども(SantoNiño)のフラマン彫像が飾られています。

教会の名前にもなっている「サント・ニーニョ」は「聖なる幼き子供」という意味だそうです。

彼への献身は信者の生活の一部であり、サントニーニョ像はほとんどのフィリピンの家で見られます。

サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会

聖母マリア像

サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会

ここでも多くの人が祈り、触れたりしています。

サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会

教会は、1565年にスペインの探検家が聖なる子供の彫刻を発見した場所に建てられています

サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会

ミサ開催時間

Weekday Masses

6:00 am – Cebuano 7:00 am – Cebuano 8:00 am – English 5:30 pm – English

Friday Masses

5:00 am – Cebuano 6:00 am – Cebuano 7:00 am – English 8:00 am – English 9:00 am – English 10:00 am – Cebuano 11:00 am – Cebuano 12:00 noon – English3:00 pm – Cebuano 4:30 pm – Cebuano 5:30 pm – English 6:30 pm – English 7:30 pm – EnglishSundays and Holiday of Obligations
5:30 am – Cebuano 7:00 am – Cebuano 8:30 am – English 10:00 am – Cebuano 11:30 am – English 2:30 pm – Cebuano 4:00 pm – Cebuano 5:30 pm – English 7:00 pm – English
サント・ニーニョ教会
サント・ニーニョ教会

まとめ

フィリピンの歴史文化を知るうえでは欠かせない、サントニーニョ教会。

日本人観光客は、教会の大きさや歴史、スケール感だけでなく、フィリピン人信仰の深さに、きっと驚くと思います。

サントニーニョ教会には誰でも無料で入ることができます。 神聖な場所なので、ノースリーブやショートパンツは禁止されていて、露出が多い衣服の人には肌を覆い隠す布を 貸してくれますが、訪れる時には服装に気をつける事をおすすめします。 マゼランクロスと合わせて訪れてみてください。

Information

名前 サントニーニョ教会
アクティビティー 観光
エリア セブシティ
開場時間

 午前5時~午後6時45分迄

(金曜日のみ午前4時~午後9時半迄)

服装 ノースリーブ、ショートパンツ禁止
入場料 無料
予約  セブのセブオ君(日本語可)
対応言語  –
サイト  –
Facebook  https://ja-jp.facebook.com/BMSNCebu/
Twitter  –
Instagram  –
求人 ラインdeセブ島仕事探し探検隊
Google map

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください