シマラ教会 / Simala Parish Church☆セブ島観光の定番シリーズ

シマラ教会 / Simala Parish Church

シマラ教会 / Simala Parish Church「願い事が叶う奇跡の教会」として、非常に有名な教会です。観光客はもちろん、フィリピン全土からカソリック教徒がお祈りに訪れるパワースポット、正式名称はMonastery Of The Holy Eucharistですが、街の名称にちなんでシマラ教会と呼ばれているそうです。 シマラ教会「願い事が叶う奇跡の教会」としてだけでなく、大きなお城の様な建物としても人気でスペインのサクラダファミリアばりにまだまだ建設を進めています。

アクセス

Vハイアーターミナル経由

シマラ教会はセブシティから、ジンベイザメウォッチングで有名なオスロブ(Oslob)へ向かう途中にあります。空港からはまず、タクシーかグラブタクシーでVハイアーターミナルまで行きます。およそ30分料金は293~514ペソ程、料金を抑えたいならイエローキャブを使う事をおすすめします。 Vハイアーターミナルはサンカルロス大学向かいにあるターミナルで、長距離移動をするときに便利なターミナルです。ここからシマラ教会までVハイアーまたはバンで1時間半。運賃はとっても安くて120ペソで行けます。 
V-Hire Terminal
もちろん空港からハバルハバルでVハイアーターミナルに向かう事も出来ます。料金はドライバーとの交渉次第ですが、300~350ペソぐらいでしょう。 

サウスバスターミナル経由

サウスバスターミナルからバスに乗って行くこともできます。バスターミナルはエリザベスモール(通称Eモール)の近くです。ここでシマラ行きのバスに乗り、2時間から2時間半でシマラ教会最寄りの停留所で降りてさらにトライシクルでシマラ教会に行きます。同じようにシマラ教会に行く人がいると思うので、便乗していくといいです。 セブシティーからタクシーだけで行くこともできますが、料金がかなりたかくなるので、(およそ2000~2500ペソ)グループの人数次第ですが、あまりおすすめしません。

Google Map

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3929.092071051137!2d123.61560981454767!3d10.009253392844826!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x33abd0760ce7ccb5%3A0x3741939ed4d0da63!2z44K344Oe44Op5pWZ5Yy65pWZ5Lya!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1529560528671&w=600&h=450]
 
Simala Parish ChurchBarangay Simala, Natalio B. Bacalso S National Hwy, Sibonga, Cebu, Philippines+63 921 447 1894https://goo.gl/maps/MDC3Zb2ftmR2 

願い事が叶う奇跡の教会

エントランス

入場料無料 

ドレスコード

教会は神聖な場所なので、ドレスコードがあり、短パン、ミニスカート、タンクトップなど肌の露出が多い服装は禁止されています。観光客といえど、キチンとルールは守りましょうね。写真右側の服装はNGです

美しい建物

どうですかこの美しい建物!一瞬ヨーロッパのお城の様です。お祈りの為だけではなく、この建物を見る為に多くの観光客がここを訪れます。細部までこだわって建設されていて、まだ建築中なんだそうです。中庭の池Me and 1of my friend Tori Tori and Atsuu教会の中には聖母マリアがいて、そこでお祈りをすると願いが叶うといわれていますが、かなり混むので、お祈りをするなら朝早くまだ空いている時間帯に行くことをお勧めします。時間がなくて聖母マリア像の場所まで行けなくても、写真を撮ったり、景色を眺めたり十分楽しめると思います。Lake inside of Simala Church We love Mama Mary中庭の芝にはウィーラブマママリーの文字が祭壇みんな静かにお祈りを捧げています。Amazing Chandelier 外観だけでなく中の造りも素晴らしいですマリア像へのエントランスキャンドルは5ペソで販売されています

キャンドル

カトリック教徒はお祈りをするときに、キャンドルに火を灯します。これは重要な伝統で、カトリック教徒にとってキャンドルをともしてお祈りをする事は、強い願いを表しているそうです。灯したキャンドルの火は、信仰を疑わず心に持って生きている限り、燃え尽きることなく燃え続け、希望を与えてくれるのだそうです。
 Souvenir shopAll Saints ,rosary,and religious things are all here. Take off your sandals, shoes and etc. Before you get inside you have to take off your shoes, hat or etc , and don't make a noise to Respect this Holy Catholics Church. Colored Candles of Simala Church 

カラフルなキャンドル

色によって違った意味を持つキャンドル。みんなそれぞれの願いに合わせて、キャンドルを選びます。各35ペソ
  • ブルー:忍耐(雇用、キャリア、配属、昇進)
  • バイオレット:達成(もがき、努力、旅、航海)
  • レッド:愛(結束、友情、婚約、家族)
  • イエロー:平和(勇気、強さ、希望)
  • ホワイト:純粋(悟り、導き、正しい道)
  • オレンジ:和解(恋人、妻、夫、敵、家族)
  • ピンク:神への謝恩/幸福/喜び(身体的、精神的)ブラック:魂(赦し、恩赦)
  • ブラウン:使命(婚約の結びつき、神の使者、単身)
  • グレイ:解放(よくないこと、物事、精神)
  • クリーム:改宗/信仰(子供、世帯、カップル)
  • グリーン:富/成功(試験、勉学、経済的、ビジネス)
  • ゴールド:癒し(健康、回復、スピリチュアル、家系)
  • グリーン:富/成功(試験、勉学、経済的、ビジネス)
Healing Testemonies ここにはマリア像にお祈りをして、実際に願いが叶った人たちからの手紙が掲示されていました。 多くの人が奇跡を願いお祈りに来るので、実際にマリア像の前で立ち止まってお祈りできるのは、ほんの10秒ぐらいなので、並んでいる時にお願いごとを整理しておく事をおすすめします。部屋の左側には、松葉づえや、車椅子もたーっくさん展示されていて、これらも願いが叶った人たちから寄せられた物だそうです。 Petition Box願いごとを手紙に書いてきた人はこのBOXに入れるそうです願い事を書く場所も用意されているので、ここにきて書く事も出来ます右側がマリア像に向かう長い列やっと出会えたマリア像。並んだ疲れなんてわすれて、願いごとに集中。 シマラ教会には各国のマリア像など、たーっくさんのマリア像が置かれています。フィリピンの人たちは、マリア像ひとつひとつに触れお祈りをしていました。信仰の深さが分かりますね。Saints Area 祭壇こちらも聖母マリア像です天井には絵が飾れてていました「絶えざる御助けの聖母」への通路絶えざる御助けの聖母とはカトリック教会における聖母マリアの称号で、15世紀に描かれた肖像です。ロザリオお城の様な建築ほんとに建物が美しいので、このお城の様な建物を見に来るだけでも価値はあります!! 至る所に天使や、キリストの像がありました。日差しが強く、階段が多いので年配の方には少しつらいかもしれませんね。遠くから見たシマラ教会は、かなりスケールが大きく、フィリピンにいる事を忘れそうです。Blessed Holy Mary Image

ミサスケジュール

Monday- 12:00NoonTuesdays – 12:00NoonWednesdays-12:00NoonThursdays- 12:00Noon Fridays – 12:00NoonSaturday’s -12:00Noon and 3:00PMSunday’s – 12:00Noon and 3:00PMEvery 13th of the Month -10:30AM – 3:30PM 

お土産

シマラ教会の外にはお土産屋さんが並んでいました♪オイル:3本50ペソフィリピンではラナとして知られるオイルは売られる前に司祭によって清められている特別なオイルだそうです。お土産の定番マグカップ 

帰り方

シマラ教会からVハイヤーターミナルまでは、ハバルハバルかトライシクルを使います。トライシクルだと20ペソとかなり安く、ハバルハバルだと60-100ペソぐらい。ドライバーはぼったくってくるので、用心しましょう!! 

アドバイス

とっても日差しが強く暑いので、帽子か、日傘を持って行きましょう、雨も降りやすいので、雨と日傘兼用の傘がお勧めです。聖母マリア像の列で待つ時間がながいので、必ずドリンクは持って行きましょう、ちょっとしたスナックもあるといいですね。(教会の中では食べれません)下の注意事項を守ると、願いごとが叶いやすいかもしれません!

Reminder

  • 教会の中では飲食禁止
  • フラッシュ撮影禁止
  • アルコール禁止
  • 静かにしましょう
  • 短パンや露出の多い服装は禁止
 

Information

Opening Hours : 9:00AM – 5:00PMContacts : +63 921 447 1894 

Information

名前シマラ教会 / Simala Parish Church
カテゴリー観光、教会
エリアシマラ
開場時間

9:00AM – 5:00PM

所要時間2時間
入場料無料
予約セブのセブオ君(日本語可)
電話+63 921 447 1894
サイト
Facebook
Twitter
Instagram
求人ラインdeセブ島仕事探し探検隊

About Author

Tanaka Taku
Taiken

Comments

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください