【ヨガで身体は柔らかくなる?】柔軟性を高めて健康になろう

運動不足やストレスで身体がカチカチになっていませんか?

そんなあなたにお勧めしたいのが、ヨガです。
ヨガの基本はポーズと呼吸で、体が硬い人、運動が苦手な人や、体力のない年配の方でも体の歪みを矯正し、柔軟性や体力向上などに効果があります。 

身体が固い人のデメリット

筋肉が硬くこわばってしまうと、運動時にケガをしやすくなり、血液循環も悪くなります。 血液循環の悪化により、むくみや冷えを生じ、基礎代謝が下がって、肥満になります。 また、疲労物質が蓄積して、腰痛や肩こりを生じ、心筋梗塞や動脈硬化の原因にもなってしまいます。 

ヨガをするとなぜ身体が柔らかくなるのか

 ①「伸びる・緩める・縮める」動き

柔軟性をつけるのに必要な筋肉の動きは、
  1. 伸びる動き
  2. 緩める動き
  3. 縮める動き

    これは、ヨガの動きと同じです。

②呼吸によりリラックス

柔軟性を高める上で、リラックスすることはとても重要です。
ヨガは呼吸に合わせてポーズが展開されていくので、 深いリラックス感が得られ、緊張が解けていきます 。

③身体が内側から温まる

関節を大きく使うことによって、 身体は内側から温まり筋肉が柔らかくなっていくので柔軟性をつけるのにピッタリです。

身体を柔らかくするメリット

①怪我の防止

体が硬いと、怪我をする確率も高まってしまいます。
動きにくい関節は、怪我の大きな原因の一つ。
体を柔らかくすると、関節の可動域が広がり、筋肉の伸縮性も高くなります。
そうすることで体にバネができ、体に受ける衝撃を緩和できて、怪我の防止につながるのです。

②血行促進

体が硬いというのは、筋肉が収縮している状態です。
筋肉が収縮して固まっていると、血流も滞ってしまいます。
血行が悪いと、血液によって運ばれる栄養が体に行き渡らなかったり、老廃物も流れにくく成ってしまいます。
そのため、むくみや疲労の蓄積、冷え性などの、さまざまな体調不良を引き起こしてしまうもの。
体を柔らかくすることで、血液やリンパの循環が改善し、体調を整えることにつながるのです。

③ダイエット効果

体を柔らかくすることは、ダイエットにも効果がみられます。
筋肉が収縮して硬くなっていると、老廃物が流れにくかったり、血行不良で体が温まりにくかったりして、太りやすくなってしまいます。
筋肉が柔らかくなると、関節の可動域が広がって全身が動きやすくなり、循環が良くなって痩せやすい体につながります。
ご飯を減らしてもダイエットに成功しない方は、体の柔軟性を高めるように意識すると、痩せやすくなる可能性があるのです。 

まとめ

体が硬い人はヨガを敬遠しがちですが、そんな人にこそ、ヨガを体験して欲しいです。
ヨガを継続すると、体は徐々に柔らかくなります。
ヨガで体を柔らかくするメリットを、ぜひ体感してみてください!
今なら1か月無料、毎日レッスン受け放題

「Kovalamのオンラインヨガ」

こちらより気軽にご連絡ください。スタッフ一同、ご連絡をお待ちしております! 

投票する!

コメント

コメントを残す